住宅

新しい玄関

丸い部屋

我が家を新しく建てるという場合のイメージは、昔から自分が住んでいたい家に起因する場合が多いです。
温かくてほっと落ち着くような我が家のイメージをそのまま新しい家に重ね合わせる場合や、また全く理想のイメージを反映する場合も多いです。
自分がこうしたい、という暮らしをそのまま反映するのが新築の家です。
新築の家というのはその人、その家族の理想のライフスタイルそのものを表すのです。

住み良い家というのは、家族の要望を程よく取り入れた家です。
新築の家は自由に設計、デザイン出来るのが良いとも言われますが、それには、「予算の範囲で」という枕詞が付くものです。
家族みんなの要望が全て詰った家というのはなかなか難しく、どこかで妥協が必要なものです。
新築の家を作る際には、様々な妥協点もしっかりと話し合って決める事が大切だと言えます。

家族で新築の家に対するプランを練ったら、次はいよいよ不動産会社への相談です。
相談する不動産会社にも様々なタイプが存在します。
それは、建売の新築物件を販売する不動産会社と、土地探しから始まる全く始めからの新築作りを始める時に利用する不動産会社です。
新築と一言で言っても、このように建売と注文住宅でその依頼先も異なります。
それぞれに合った方法で行っていくので、新築物件を決める際には注意が必要です。

不動産会社に行く際には、大体のいくつか大事な事項を決めてから行くのが良いです。
予算はもちろん、どのくらいの大きさか、間取りもイメージとして持っていた方が良いです。
事前にしっかりと準備して行くことが大切なのです。

建売と注文

リビングと家具

新築物件と一言で言っても、建売住宅タイプと注文住宅タイプの2つに大きく分けられます。それぞれに特徴があり、メリットがあるので、その違いをよく知って選ぶ必要があります。

一戸建てとマンション

引越し業者

また、一戸建てと集合住宅タイプという分け方も新築には出来ます。ひと家族が住む一戸建てに対して集合住宅タイプは、経営を兼ねたもので、家賃収入もあります。初期費用がかかりますが、収入源として利用する目的で建てる人も多いです。

様々な住宅スタイル

一戸建てと芝生

新築物件と一言で言っても、建売住宅タイプと注文住宅タイプの2つに大きく分けられます。それぞれに特徴があり、メリットがあるので、その違いをよく知って選ぶ必要があります。

家作りの依頼先

引越しとガムテープ

新築物件を依頼する際には、不動産会社の他にも、ハウスメーカーや工務店、建築事務所などの依頼先の選択が可能です。それぞれの特徴とメリットについて簡単にまとめてみました。